イギリス旅行記③ “日帰りで中世の街並みが美しいRyeへ”

こんにちは〜イギリス旅行記③です。

旅行記① 旅行記②

さて、滞在2日目はロンドンを離れて日帰りの小旅行、可愛いティールームとアンティークショップを楽しみに、Ryeの街へ出かけました。

Ryeはイギリス南東部にある小さな街で、かつては港町としても栄えていたようです。

中世の街並みが美しく残る街ということで楽しみにしていました♪もちろんおめあてのティールームも欠かせません💓(それメインで行き先を決めているようなものなので)

限られた滞在日程にちょっと無理やり詰め込んだ田舎町日帰り旅行です。

この日は少しのんびりのスタートだったので、Charing Cross駅まで散策しがなら向かいました。この日が今回の旅行中一番の曇天&小雨。。特に朝駅に向かうまではやや大粒の雨と風もとても強くて、心が折れそうになりながら☔️

せっかくなのできになるお店もよってから向かおうとこちらのお店へ。

PEYTON AND BYRNE

44 Wellington St, London WC2E 7BD イギリス

月〜木:8:00- 19:30 金: 8:00-20:00 土: 9:00 – 20:00 日: 9:00 – 19:30

店内は魅力的なお菓子が並んでいました。


営業も朝8時からなのでありがたい!と向かったのですが、何やら営業している雰囲気が…?? 店内の椅子上がってるし。でもお菓子やフード類は続々と準備されてるし…。

店内には忙しそうにパンを焼いている男性と行ったり来たり準備している女性の店員さん。

私たちの他にも数人のお客さんが訪ねてきてましたがどうやら今日はまだ営業がスタートできないということ…。細かいニュアンスが理解できなかったので理油がよくわからなかったのですが…。

こういう時もっと英語できるようになりたいなとしみじみ感じます。 勉強しなくちゃ。

ガラス越しに見える店内の美味しそうなキャロットケーキにめちゃくちゃ後ろ髪を引かれつつ、電車の時間もあるので駅に向かうことにしました。残念無念💦

今日のメインはRyeだからっ!!と気を取り直していきます。

Ryeへ向かう電車は日本から予約して行きました!事前に予約した方が価格がかなり安いのでおすすめです。

私は少し遅かったのでとても安いチケットは買えなかったのですが💦それでも当日購入するより安いです。


Charing Cross駅から鉄道に乗って、Ashford International駅で1回乗り換えて行きます。 だいたい1時間半くらいで到着したかと思います♪

予約した番号でチケットと交換して、自分たちが乗る電車のホームの表示を探し中。

発車の15分とか20分前くらいにならないとどこのホームから出るかわからないのでみんな掲示板を眺めて待っています。そして表示が出たらぞろぞろと動き出す。日本だと行き先によってホームが決まっているのに慣れているので新鮮な感じ。

ぞろぞろ…と言いましたが平日のこの時間、Ryeへ向かう人はとても少なく、電車にはほとんどお客さんが乗っていませんでした。

この電車であってる??と不安になるくらい😅

あと、発車ベルとかないので時間になると静かに、する〜っと出発します。まだ時間あるし、とうっかりしていると置いていかれてしまいそうなので注意です!(そんなうっかりミスするのは私くらい?)

車内からはのどかな田園風景。お天気悪いですね😅雨ですが羊や馬もたくさん見れましたよ♪

Ashford international駅からRye行きの電車は本数が少ないみたいなので乗り換えの際は注意が必要です。駅中も特に何もないのでホームのスタバで過ごすほかやることがありませんでしたので。

しかも駅は寒いのでなかなかの苦行…この日は15分ほどでRye行きの電車がきました。


Ryeの駅につくまで、その手前の駅などは本当に何もなく、本当にこのあと街があるの??と不安になるくらいでした。

でも次第に街らしさが出てきて到着した時はほっと一安心😌

田舎の小さな観光地という感じでした。