イギリス旅行記 ⑧”Yorkの名物ティールームBettys”

いよいよ旅の終盤です。

ここまでの記事は↓より〜

旅行記① 旅行記② 旅行記③ 旅行記④ 旅行記⑤ 旅行記⑥ 旅行記⑦

ヨークの街を散策して、おめあてのbettys tearoomへと向かいました。

日本でもとっても有名なtearoom ベティーズの創業は1919年。なんと今年で100年!

スイスの菓子職人、フレデリックさんが創業されました。

なんでもフレデリックさんはスイスからイギリスへ渡って、南イングランドの方へ向かうはずがなぜか間違えて反対の北側、ヨークシャーの方へきてしまったそう。 そして美しいヨークシャー地方の風景が気に入ってこの土地にお店を開いたんだそうです。

とっても有名なお店ですがイギリス国内でもヨークシャー地方以外には店舗がなく、味わいたければやはりヨークシャーまで足を運ばなければいけません! 本店はハロゲート店。こちらはヨークの駅からさらに電車で30分ほどの場所です。

今回はヨークの街中にある2つの店舗に行きました。

ヨークの大きい方のお店。

いろいろな方から混むよ!と聞いておりましたので早めに到着したものの少し街歩きをしている間にお食事の列はみるみる長くなっていきました。

店内のディスプレイはクリスマス一色!

パッケージのデザインも美しく、たくさんの方がクリスマスのお菓子やプレゼントなど購入していて販売コーナーの方も常に人人〜〜!

どんどん混んできそうなのでとりあえず店内へ。

ヨークの街にあるもう一つの小さい方のお店でお茶することにしました。 小さいとはいえメニューも同じ(多分)だし、こじんまりした雰囲気が可愛いです。

やはり数組並んでいたので列に加わって待つこと数十分。 2階の店内ではワチャワチャとお茶やお食事を楽しむ方で賑わっていました。

下のショーケースにあったケーキたちもとっても魅力的だし、でも1限さんだから有名なアフタヌーンティーも捨てがたい〜。

あっ!そういえばまだクリームティー食べてないっ ということでクリームティーを選択。

まずは紅茶が運ばれてきました。シルバーのピカピカのティーセット💓

あれ?ポットが2つある。と思ったら1個は差し湯ようでした。一体何杯紅茶が入るのでしょう。

クリームティーもアフタヌーンティーと同じ3段トレイできたのでびっくり。

お上品ですね〜 

スコーンはあらかじめ横にスライスが入っています。

たっぷりのクロテッドクリーム!もりもりです。

注文した後もあ〜あっちも美味しそう、これも良いな〜…などと考えていたのですがこのクリームがとっても美味しくて、やっぱり味わっておいてよかったと思いました。

bettysのクロテッドクリームはRoddasだと聞いたような気がするのですが、日本で食べるそれとは味が違うように感じました。(違っていたらすみません😅)

実はクロテッドクリームが今まであんまり好きではなく、スコーンにはもっぱらバターをつけていただいていました。 日本のメーカーのもので初めて試した時も、日本でRoddasを食べた時もいまいち美味しさに開眼できなかったのです。

ですが今回いただいたものは濃厚でクリーミーで、乳のほのかな甘みがあって、、とにかくとても美味しかったです。そしてアイスクリームみたいにこんもりと盛ってあるのも嬉しいですね。

やはり新鮮さ?などが違うのでしょうか。これはぜひクロテッドクリームの名産地にも旅してみたい、と感じる美味しさでした。

イギリスに住んでいた方より、「スコーンはクロテッドクリームを乗せるためのお皿のようにして食べる」と聞いていたのでそのようにしていただきました。笑もちろんジャムも美味しかったです。

スコーン自体は甘さ控えめのシンプルな味わいだったのでクリームとジャムをつけて美味しくいただける感じでした♪

ただ、この美味しいクリームが味わえたことはよかったのですが、2つあるスコーンは両方フルーツスコーンで同じ味だったので、わざわざクリームティーで注文しなくても良いのではというのが個人的な感想です。

スコーン単品とファットラスカル(店内だと温めてバターを添えて提供してくれるよう)またはケーキとか組み合わせて注文した方が良いかな〜と思いました。次回へ向けての覚書。

ちなみに店内は旅行客っぽい人はアフタヌーンティーを、現地っぽい方はケーキや食事を注文している方が多い印象でした。

アフタヌーンティーはスコーンが1つにサンドイッチとオペラ、レモンケーキなどが乗っ